知識・経験・スキル・才能・人脈、すべて「0」をコンプリートした2児のパパが、一体どんな手を使いネットビジネス開始後3ヶ月で10万円稼ぐことができたのか・・・ その戦略的手法を公開しています。

だから売れないんですよ!5倍・10倍と売れるセールスコピー12のポイントを暴露

2019/07/05
Pocket

 

セールスコピーーを書いてもまったく反応が無いし、全然売れません・・・

 

このような悩みを持つ方は、意外と少なくないのが現状です。

 

商品は悪くないのに、セールスコピーひとつで、
「売れる」「売れない」がはっきりと決まってしまう・・・

 

どうしたら、売れるセールスコピーが書けるのか。

 

それは、ただ単に売れるコピー(文章)ポイントを知らないだけだったりするんですね。

 

そんな悩みを解決するために、
このレポートでは、売れるセールスコピー12のポイントを暴露します。

 

この12のポイントを押さえるだけで、5倍・10倍と成約率がグンッとアップしてしまうので、
今日から是非取り入れてみてください。

 

では早速ですが、まずはセールスコピー12のポイントを箇条書きにしてみたいと思います。

 

売れるセールスコピー12のポイント

 

①読み手主導にする

②押し出すメリットを整理する

③短い段落に分ける

④短い文章に分ける

⑤シンプルで簡単な言葉を使う

⑥専門用語を避ける

⑦簡潔にする

⑧具体的にする

⑨まっすぐ本題に入る

⑩フレンドリーな会話長調で書く

⑪グラフィックを使う

⑫箇条書きを使う

 

 

読み手主導にする

メッセージには、「ミー・メッセージ」と「ユー・メッセージ」があります。
「ミー・メッセージ」とは、自分(売り手)を中心に置いたメッセージの事で、
「ユー・メッセージ」とは、相手(読み手)を中心に置いた目メッセージの事を言います。

 

これはとても重要で、必ず文章を書くときは、「ユー・メッセージ」で書かなくてはなりません。

例えば、
あなたは、○○でお悩みではありませんか?
この商品は、あなたのお悩みを解決します

 

と言うように、あなたにとって、この商品がどういうものなのかが書かれていなくてはなりません。

 

お客さんは、自分にとって関係のあるものしか読んでくれないので、
自分が一方的に書いた文章はまず読むことはありません。

 

読んでくれないのなら、当然商品やサービスを購入してくれることは無いので、
必ず「ユー・メッセージ」で文章を書いてください。

 

 

押し出すメリットを整理する

分かりやすく言うと、
優先順位をちゃんと付ける」と言う事になります。

 

商品のメリット・ベネフィットがたくさんある場合、
その全部を言いたくなってしましますが、
お客さんはあれもこれもと一気に言われると混乱し、
逆にメッセージ自体が弱くなってしまいます。

 

あれもこれも良い事ばかり言うと、胡散臭い印象を与えてしまうこともあるので、
実際は、3つぐらいのメッセージで抑えておいてください。

 

要は、押し出すメリットを3つに絞り、
お客さんが「欲しい」と思ってくれやすいポイントに絞ってプッシュすると効果的です。

 

どうしてもたくさんのメリットを言いたいのであれば、
優先順位の高いポイントを前面に押し出し、
後の方で、「こんな事もできます」「あんな事もできます」と、
補足的に見せた方が、反応率は良いでしょう。

 

 

短い段落に分ける

これは、文章を意味のある短い塊にきちんと分けると言う意味です。
要は、読みやすくすると言う事。

 

お客さんは、あなたが思っている以上にセールスコピーは読んでくれません

 

長い文章だと、尚更の事。

 

読んでもらうためには、しっかりと短い文章で、わかりやすい構成にして下さい。

 

 

短い文章に分ける

これは、「短い段落に分ける」と同じく、
読みやすくすることです。

 

これは、セールスコピーに限った話ではなく、
ブログやメルマガであっても、できるだけ短い文章にするよう心掛けてください。

 

一文に情報を詰め込みすぎると、読み手(お客さん)は何が言いたいのかわからず、
混乱してしまいます

 

なので、できるだけ短い文章で情報を伝えるようにしてください。

 

 

シンプルで簡単な言葉を使う

これは、読みやすくするのと同時に、親しみを込めるためのものです。

 

例えば、
○○が可能です」と言うよりかは、
○○ができます」と言ったほうが、シンプルで分かりやすく、
フレンドリーだからです。

 

 

専門用語を避ける

専門用語が入っていると、読み手(お客さん)は、
自分に向けたメッセージではないと判断してしまう可能性があります。

 

ただし、専門用語を使うことに効果がある場合もあります。

 

それは、専門家だけをターゲットにした場合です。

 

きちんとした専門用語を使う事で、「この人はよくわかっている。信用できる」と思ってもらえる場合があります。

 

良く文章を書くときは、
小学校5年生でもわかる文書を書きなさい」と言われています。

なので、専門家以外をターゲットにする場合は、専門用語は避けてください。

 

 

簡潔にする

これは、コピー全体を簡潔にすると言う事です。

 

良く勘違いされやすいのですが、長いセールスコピーを書く方が良いと思っている人が少なくありません。
ハッキリ言うと、これは間違いです。

 

では、短いセールスコピーの方が良いのか?
これも正解ではありません。

 

正しくは、「どちらも正解ではない」と言う事。

 

正確な答えとは、
そのセールスコピーが目標を達成するために、必要な情報を必要かつ十分に含んだ状態で、最も短い長さ
が良いと言う事になります。

 

 

具体的にする

これは、できるだけ曖昧な単語を使わないようにすると言う事。

 

例えば、
このメルマガは、たくさんの人に読まれています」ではなく、
このメルマガは、4156人に読まれています」と言うように、
具体的な数字を盛り込んだ方が、信憑性も増すし、読み手(お客さん)は具体的にイメージできるからです。

 

ブログの記事タイトルなど、具体的な数字を盛り込む事で、記事の精読率もアップしますので、
ひとつのテクニックとして使ってみてください。

 

 

まっすぐ本題に入る

これは、セールスと関係の無い話から入らないと言う事です。

 

読み手(お客さん)の注意はすぐにどこかへ行ってしまいがちなので、
まっすぐ本題に入らないと、あなたのコピーはあっという間に関心を失ってしまいます

 

まずはいちばん最初のヘッドライン()で興味、関心を引いたら、
次の数行で更にその関心を深めてもらうようにしなければなりません。
そうしないと、読み手(お客さん)はすぐに他の事に関心が逸れてしまいます。

 

例えば、メールの最初に、

拝啓 皆様におかれましては~」のような定型文的な挨拶は最悪です。
突然のダイレクトメールをお許し下さい」のような挨拶もNGです。

これでは、「これは売り込みのメールなので、今すぐ捨てて下さい」と言っているようなものです。

 

とにかくまっすぐに本題に入り、読み手(お客さん)の関心をいかにキープするか注力して下さい。

 

フレンドリーな会話調で書く

トップセールスマンの特徴のひとつとして、
難しい言葉は使わず、フレンドリーな会話調でセールスしている事が挙げられます。

 

日常会話で使っているような、簡単な言葉を使い、語り掛けるような文章を心掛けてください。

 

先にもお伝えしましたが、
小学校5年生でも意味が分かる」ような、日常の言葉を使って文章を書いてください。

 

 

グラフィックを使う

これは、コピー(文章)のパワーを強めるためのものです。

 

グラフィックとは具体的言うと、写真やグラフ、統計データの表、イラストの事です。
文章だけでなく、それらを積極的に使う事で、視覚的にも説得力が増します。

 

特に物販の場合、写真が無いセールスコピーは稀だと思います。
逆に写真が無いと、読み手(お客さん)に、「何か見せたくないものでもあるのかな」と疑いを持たれてしまう恐れがあります。

一の写真は、千の言葉を話す」と言われるほど、写真の威力は絶大なので、積極的に取り入れてください。

 

 

箇条書きを使う

これは、読みやすさを増すためです。

 

箇条書きは専門用語で、「ブレット」と言われています。

 

箇条書きにすると、要点がリスト化され明確になりますが、
人間はなぜかこのリストが大好きです。

 

このレポートでお伝えしているのは、
「セールスコピー12のポイント」ですが、
最初に「12のポイント」と言う箇所を読んだとき、あなたはどう思いましたか?

 

「12個のポイントをしっかり押さえよう」と思いませんでしか?

 

この効果をあなたに実感してもらうために、
まず12のポイントをブレット(箇条書き)にして見てもらいました。

 

例えば、
学校や塾、セミナーでもそうですが、

「今からポイントを3つ言います」と言われたら、
ほとんどの方は、パッと紙とペンを手に取り、書き留めようとしませんか?

今まで眠そうにしていた人ですら、急に集中力が高まったかのように聞いてしまいます。

 

それだけ効果の高いテクニックだと言う事が言えると思います。

 

長い文章の合間に、このテクニックを使うと、読み手(お客さん)は再度興味を持ってくれます。
そしてあなたのセールスコピーは最後まで精読され、成約に至る事でしょう。

 

以上で、売れるセールスコピー12のポイントの解説を終わります。

 

この12ポイントは、プロのコピーライターが使っている使っているテクニックなので、
是非あなたも取り入れて、稼ぎを加速させて下さいね。

>>しるべへの個別相談はこちらをクリック

  僕のヤル気スイッチポチってくれて、ありがとうございます!


ネットビジネスランキング
にほんブログ村 小遣いブログ サラリーマンのお小遣い稼ぎへ
にほんブログ村


LINE@無料講座では、ブログではとてもじゃないけど公開できない、 ネットビジネスのテクニックや思考、 そして極秘裏情報をあなたにだけこっそりとお伝えします。
LINE@無料講座では、激ヤバな特典4つを、期間限定ですが無料プレゼントしているので、是非ゲットしてあなたのビジネスに役立ててください。
詳細はこちらから
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

しるべのプロフィール


・北海道札幌市在住で、40代2児のパパ
・ブラック企業出身で、社畜店長を経験
・趣味:サッカー フットサル
・特技:生卵を片手で割れる
・好きな食べ物:カップラーメンの汁底に溜まったカス
・嫌いな食べ物:煮物

【主な実績】
・2018年1月 ネットビジネス開始。半年間まったく稼げない

・2018年8月 ひとつの教材を超真剣に実践。初月2万円の報酬を獲得

・2018年10月 報酬が10万円を超える

・現在は月30万円を稼ぐまでに成長

しるべの詳しいプロフィールはこちら
【期間限定】アダルトアフィリエイト無料講座

アダルトアフィリエイト無料講座では、決してブログに書けない裏情報をお伝えしています。 僕が実際に実践して、結果を掴み取った「ナマの事例」を期間限定で公開中!
無料講座はこちらから
生意気にもランキングに挑戦中!